長編記録映画

『鳥の道を越えて』

(2014年/93分/HD/日本語・英語)

人と鳥の関係を改めて見つめ直す

「かつて故郷の空が渡り鳥の大群で埋め尽くされた」という祖父の話をもとに、
孫である監督は鳥の道を探し求めて旅にでる。

渡り鳥の大群が渡っていた時代、村では「カスミ網猟」が行われていた。

どのように捕まえたのか。

なぜ渡り鳥を食べなければならなかったのか。

そしてなぜ現在は禁猟になっているのか。

旅の過程で生まれるひとつひとつの疑問を丹念に追っていく。

予告編-1

予告編-2

受賞歴

平成26年度文化庁映画賞文化記録映画優秀賞
第88回キネマ旬報文化映画部門第1位
第2回グリーンイメージ国際環境映像祭グリーンイメージ賞
第56回科学技術映像祭内閣総理大臣賞

スタッフ

プロデューサー 鈴木正義/今井千洋
監 督 今井友樹
撮 影 澤幡正範/川口慎一郎/永山正史/早川正文
録 音 高木 創
作 図 岩井友子
音 楽 姫田 大
ナレーション 今井友樹
監 修 佐藤文男(公益財団法人山階鳥類研究所)

共同制作

有限会社シネクライム

製 作

株式会社工房ギャレット

助 成

文化庁文化芸術振興費補助金事業/公益財団法人トヨタ財団