2021年公開の新作のクラウドファウンディングが始まります

実は、今年から高知県で2本の新作を取材しております。

一つ目はまだ情報公開できませんが、もう一つの新作の方は本日情報公開され、この度クラウドファウンディウングにより制作資金の支援を募集することになりました。

 

「楮を守り育てている人々のへぐりの暮らしを伝えたい!ドキュメンタリー映画『明日をへぐる 』制作プロジェクト 」
https://motion-gallery.net/projects/asuwo-heguru

 

高知県は全国有数の原料産地です。中でも楮は、栽培・収穫し、甑で蒸す。そして黒皮を剥ぎ、さらに表皮を削って白皮にする。その白皮が和紙の原材料となります。かつては、農家の冬場の貴重な換金作物でした。しかし、輸入楮の台頭や、農家数の減少、高齢化により生産量が減少しています。現在、その生産を支えているのは、90代の農家の人々たちです。

 

ドキュメンタリー映画「明日をへぐ」は、楮を育てる人々から学び、現代社会の明日を展望します。

 

私は、本映画の監督としてプロジェクトに参加し、来年公開に向けて、これから1年をかけて取材します。制作は、株式会社シグロです。

 

【作品への思い】

いの町で楮をへぐる90歳のお婆さんたちに出会いました。その手わざや佇まいからは、世代を越えて受け継がれきた山村の生活技術や文化が見え隠れします。そして手を動かしながら口を動かすことも忘れない彼女たちの体験談は、私たちを魅了します。まるで自分が遠い昔にタイムスリップしてしまったかのように。しかし、そこに現代社会の物差しを当ててみると・・・、自分を含めた“現代人の存在理由”が問われているようでなりません。どう記録し、伝えるか。この作品は、監督として大きな挑戦です。

 

是非、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

先日、楮蒸しの様子が高知新聞の記事になりました。
掲載写真の2枚目に私も写り込んでおります。
https://www.kochinews.co.jp/article/341524/